タイヤの基礎知識

 

 

タイヤを知るうえで必要な4つの基礎知識があります。その一つ目は車体や搭乗者や積荷を支える荷重支持機能、二つ目は走行に必要な力やブレーキからの力を路面に伝える駆動機能と制御機能。三つ目は走行やカーブでの安定感を得るための進路保持機能、そして四つ目が道路や地面からの衝撃や揺れを吸収して乗り心地を良くするための緩衝機能です。

 

またサイドウォールには偏平率や速度記号やロードインデックスや製造年週などの様々なデータが英数字で表示されています。偏平率というのは断面幅に対しての断面高さの比率を示します。速度記号はスピードレンジとも呼ばれていて、ある条件下において耐えられる最高速度の事です。ロードインデックスというのは既定の条件下で一本が支えられる最大の負荷の事です。ロードインデックスには空気圧が関わっていますので適性な空気圧を知りたい場合は販売店などに相談すべきです。

 

現在の製造番号は下4桁で表示されています。左から2つの数字は週を表し、残りの2つは年を表しています。ちなみに最近低燃費と呼ばれるタイプがありますが、このタイプは転がり抵抗を減らして燃費を良くする事で燃料とCO2の削減を謳った商品で、抵抗を減らしても摩擦力は落ちないように工夫がされているのが特徴です。

コメントは受け付けていません。