種類別の役割の違い

 

 

種類は大別するとスポーツタイプとコンフォートタイプに分かれます。スポーツタイプは、グリップ力に最大の役割を発揮する一方、音がうるさかったり、乗り心地がよくない、というデメリットが存在します。それに対してコンフォートタイプは、音が静かで乗り心地も良い、という点で役割を発揮しますが、それに反してグリップ力は劣ります。スポーツタイプにコンフォート性能を持たせたスポーツコンフォートタイプ、ミニバンや1BOX専用モデルのミニバンタイプがあります。

 

この他にも標準性能が高いスタンダードや、コンフォートの上位に位置するプレミアムコンフォートなども重要な位置づけとなっています。SUV車にもまた個別にSUV専用タイプの装着が推奨されています。オフロード車に対しても4×4専用タイプが存在します。エコの観点からは、CO2削減や環境保護が叫ばれる中でエコタイプが徐々に注目されるようになりました。燃費向上への期待感の高まりから各メーカーも盛んに訴えるようになりました。

 

もちろん一般的にも関心が高まっています。ただし、低燃費タイプはそもそも種別のひとつと言うよりは、性能向上というニュアンスのほうが強い傾向にあります。

コメントは受け付けていません。