安全な使い方

安全に走行する為には、まず空気圧をチェックしてみる必要があります。
空気圧が低い状態ですと路面との接地面積が大きくなり、ハンドルの操作性を悪くしてしまう事になります。
その為、万が一の際にもクイックリーな動きができなくなってしまいます。
また、路面とゴムの設置面積が大きくなるとゴムの摩耗を早めてしまう事になりますので、それによって寿命を短くしてしまう原因にもなります。
かといって空気圧を高めに設定すれば良いという事でも無いのです。
空気圧が高い状態ですと、路面との接地面積が小さくなります。
つまり、抵抗が少ない状態になりますのでブレーキの効きが悪くなってしまう事になるのです。

 
また、段差で跳ねるようになりますので、乗り心地の悪化にも繋がります。
他にもゴムに劣化しているサインが出ていないかをチェックしてみる事も大切です。
劣化のサインとしては、例えばシワが挙げられます。
ゴムにシワが出ているという事は、それだけゴムが硬くなり弾力性が無くなっているという事です。

 
弾力性が無い状態ですとグリップ力が落ちていますので、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。
また、シワのある部分は弱くなっていますので、走行中にバーストしてしまう原因にもなります。
その為、シワがある場合には早めに交換しなければいけません。

コメントは受け付けていません。