ちゃんと知ろう、タイヤのこと

自動車を安全に利用する為にはタイヤの事を知り、そしてメンテナンスをきちんと行う事が大切です。
まず、定期的に空気圧をチェックする事が大切です。
空気が減る事によって路面との接地面積が大きくなりますが、それによってハンドルの操作性が悪くなってしまったり、ゴムの磨耗を早めてしまう事になります。
さらには摩擦抵抗が大きくなりますので、燃費を悪化させる原因にもなります。
しかし、だからといって空気圧を高めにすれば良いという訳でもありません。
空気を入れ過ぎてしまうと路面との接地面積が小さくなりますので、それによってブレーキの効きが悪くなって大変危険です。
また、ポンポン跳ねるようになりますので乗り心地を悪化させてしまう事にもなります。

 

 

他にも溝がどれ位残っているのかをチェックする事も大切です。
溝がある事によってグリップが発生している訳ですが、その溝が減ってしまうとグリップ力が低下してしまいます。
結果的にブレーキの効きが悪くなってしまったり、カーブを曲がる時にもスリップし易くなってしまいます。
他にも溝が磨り減ってしまうと雨の排水性能が落ちてしまい、雨の日にスリップし易くなります。
溝はとても大切ですので、定期的に状態の確認をする必要があります。